12月総集編(後半戦)。

 

書きたいことはいっぱいあるんですけどね・・・ついつい溜め込んでしまって。

今年も今日と明日を残すのみなんですよね、実感全然ないけど。

さて、昨日の続きです。12月を一気に振り返ります。

 

◎12/20 丸山ももたろう/大西弘紀 Joint Live   vol.23

 

もはや恒例というか・・回を重ねて23回目、ホーリーでは11回目のJoint Live。

丸山ももたろう(松山千春のサポートギタリスト)のお忍びライブです(笑)。ちなみにご本人のライブスケジュールにも記載されていません(笑)。

しかしながら、いつも早々にSold Outの人気ぶりです。

 

今回ももさんは新作のアコギ(ももたろうモデルNo.5)を持ち込んでのライブでした。 ももさんの愛機はHiramitsu Guitarsの丸山ももたろうスペシャルモデルです。2009年のモデルNo.1から改良に改良を加え、ついにモデルNo.5にまで進化。ルシアーの平光さんもライブに見えてましたが、ももさんの拘りを作品に仕上げるのは並大抵のことではないと仰ってました。とにかく次から次へと湧き上がるももさんのアイデアを形にするために、他のすべてのギター製作を休止して1作目に集中して製作されたそうです。1作目完成までの製作記が平光さんのブログにアップされているので興味のある方はご覧ください。今回のライブのサウンドチェックでも、ももさんからシビアで細かなチェックが入ってました。プロの厳しい世界ですね。音は前作よりもパリッとした立ち上りの良い、太くて粒立ちのはっきりとした印象を受けました。もちろん低音から高音まで絶品トーンです。この音を聴けるだけでもライブに来る価値が十分にあると、僕は思います。

IMG_6622 IMG_6623 IMG_6631

え〜っと、肝心の新作ギターの写真を撮り忘れました・・・ 次回は来年3月に開催しますので、どうぞご期待ください。

 

 

◎12/23 KUNI-KENプレミアムライブ_vol.1

 

四日市出身、津軽三味線兄弟ユニットKUNI-KENのプレミアムライブ。 KUNI-KENとはデビュー前からのお付き合いになりますが、ホーリーでは久しぶりのライブとなりました。 普段は三味線ロックユニットとしての活動が多いのですが、三味線だけの生音ライブも根強い人気があり、今回はKUNI-KENのメルマガ会員限定のプレミアムライブとしてHolyhouseを使っての生音ライブという運びになりました。


日頃は聴くことができない「スタジオでの生音ライブ」というプレミアム感いっぱいのイベントに、地元三重はもちろん大阪や愛知県の方など、たくさんのファンで賑わいました。 マイクなどを一切使わずに聴く津軽三味線の音色はダイナミックかつ繊細。指がこすれる音まで聴こえる臨場感たっぷりのものでした。 スタジオでのライブ終了後は、カフェでスイート・ドリンクとともにファン交流会。抽選会もあったりして盛り上がりました。KUNI-KENのファンを大切にする心、素晴らしいと思います。

974_1015027538558072_5360772660035356276_n 1270407_922850184418317_2931506713390087172_o 20161223KUNIKENスナック 12465774_922850394418296_573642836685834644_o 1412526_922850641084938_5144328500972038055_o 12362259_950476398338871_23274480_n

Facebookにはもっとたくさんの写真をUPしてますので是非ご覧ください♪

 

 

ということで12月をざっと振り返りましたが、お店は今日から新年3日までお休みをいただきます。

今日は機材のメンテナンスや、お店の大掃除やしめ縄を付けたり、お正月の準備をしています。

新年は4日13時から営業を開始します。

 

今年は皆さまに大変お世話になりました。

来年もまたよろしくお願いいたします。

皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。

コメントは受け付けていません。